弁護士紹介(中道徹)

ご挨拶

近影近影

 

弁護士の中道徹です(神奈川県弁護士会)。

海老名の地で、10年以上弁護士業をやっています。今後も、地域の方に役立つ法的サービスを提供できるよう、邁進していきたいと考えています。

 

経歴

1979年3月
私立早稲田高等学校 卒業
1983年3月
筑波大学 第二学群 生物学類 卒業
1983年4月~
高校教師(生物)、システムエンジニア等を経て、ファルマシアバイオテク(現GEヘルスケア・ジャパン 株式会社)勤務(1998年10月、在職中に2度目の受験で司法試験合格。翌年4月より司法修習(横浜修習))
2000年10月~
弁護士登録、あさひ法律事務所(現・西村あさひ法律事務所)を経て大野総合法律事務所
2005年5月
米国ジョージ・ワシントン大学ロー・スクール卒業 法学修士(LLM)(知的財産権)
2005年8月
Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner, LLPにて研修(1年間)
2007年4月
AE海老名・綾瀬法律事務所設立
2009年4月 
横浜国立大学,法科大学院,客員教授(特許法等)、2018年4月からは非常勤講師

所属など

  • 日弁連外国弁護士及び国際法律業務委員会・委員(2014年~)
  • 日弁連裁判迅速化法問題対策検討委員会・委員(2013年~2015年)
  • 日弁連知的財産センター・委員(2009年~2015年)
  • 国際取引法学会(知的財産法)(2015年~)
  • かな弁民事裁判手続運営委員会・委員(破産懇部会・執行保全部会)(2015年~)
  • かな弁法科大学院支援委員会・委員(就学就業支援部会)(2009年~)(2015年まで部会長)
  • かな弁法曹志願者問題対策ワーキンググループ・座長(2017年~)
  • かな弁知的財産研究会(2007年~)
  • かな弁独占禁止法研究会(2007年~)
  • 国立大学法人 横浜国立大学 法科大学院 非常勤講師(特許法等)
  • 横浜家庭裁判所調停委員
  • 『横浜市入札等監視委員会』委員
  • 日本科学技術ジャーナリスト会議・理事&賛助会員
  • サイエンス映像学会会員
  • 日本知的財産仲裁センター仲裁人候補
  • 神奈川近代文学館を支援する会会員
  • 国立大学法人 筑波大学 利益相反アドバイザリーボード
  • 同大学 知的財産マネージャー
  • 海老名商工会議所会員

    (かつて就任)
  • 日本学術振興会(JSPS)「10年後の多様なサービスを柔軟に構築できるICTプラットフォームと産官学協働のあり方」に関する先的研究開発委員会委員
  • 弁理士会特定侵害訴訟代理業務能力担保研修講師
  • 国立大学法人  横浜国立大学 利益相反マネージメント委員会 委員
  • 海老名ロータリークラブ会員
  • 横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク (財)木原記念横浜生命科学振興財団 バイオアドバイザー

    (資格)
  • 情報処理・特種,1種,2種、
  • 高等学校教諭免許(理科)

著作

講演

  • 知的財産権と競争法との関わり」/国際シンポジウム・東アジア法律文化研究センター主催平成30年8月28日
  • 法律家からみた生命(いのち)」 /かわさき市民アカデミー・平成30年7月30日
  • 「医薬品・医療関連技術と特許」 /日本弁理士会関東支部神奈川委員会・平成29年11月27日
  • 「独占禁止法と知的財産権」「図書館で学ぶ知的財産講座2017」神奈川県立川崎図書館・平成29年9月20日
  • 「ジェネリック医薬品について」神奈川茗渓会・平成29年7月22日
  • 「医薬品と特許」横浜国立大学・医療ICT座談会・平成29年7月20日
  • 「米国におけるバイオ後続品(バイオシミラー)承認のための規制と関連訴訟」国際取引法学会・明治学院大学・平成29年7月14日
  • 「被告側から考える特許権侵害・営業秘密漏洩事件」「図書館で学ぶ知的財産講座2016」神奈川県立川崎図書館・平成28年10月19日
  • 「弁理士と弁護士による特許のイロハ ~ストーリーで学ぶ知的財産制度の基礎~」IDECセミナー公益財団法人 横浜企業経営支援財団・平成28年2月26日
  • 「特許権の存続期間の延長について」日本弁理士会関東支部・横浜弁護士会合同研修会・平成27年11月24日
  • 『知財を活かす』―ライセンス契約・平成25年度 中小企業シンポジウム 知財経営その活用・平成25年9月13日横浜弁護士会
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<かわさき知的財産スクール>平成25年5月22日公益財団法人 川崎市産業振興財団
  • 「理系出身弁護士の語る法律の仕事」<横浜国立大学「未来情報通信医療社会基盤センター」第55回座談会>平成24年6月26日
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<川崎市知的財産スクール>平成24年5月16日 川崎市
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<川崎市知的財産スクール>平成23年10月4日 川崎市
  • 横浜国立大学・横浜経済学会・横浜国際経済法学会共催 学術講演会 「法曹の過去、現在、そして未来」平成23年1月12日
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」及び「企業秘密保護の仕組み(不正競争防止法等)」<川崎市知的財産スクール>平成22年11月16日及び30日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成22年11月11日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」及び「企業秘密保護の仕組み(不正競争防止法等)」<川崎市知的財産スクール>平成21年10月20日及び27日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成21年10月21日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「裁判員制度について」平成21年3月25日 海老名市役所
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」<川崎市知的財産スクール>平成20年12月2日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成20年9月24日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「バイオ特許における係争事例の検討(複雑化するバイオ係争)」平成20年2月27日 技術情報協会
  • 「大学が行う共同研究における秘密保持契約と秘密管理について」平成19年2月19日 三重大学医学部産学連携医学研究推進機構
  • 「バイオ特許における係争事例の検討(複雑化するバイオ係争)」平成19年1月30日 技術情報協会

出席

  • 「裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会 」「知的財産紛争の最前線」別冊L&T No.1
  • 「裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会 」判例タイムズNo.1374 2012.9.1