コラム

弁護士中道徹が日々の雑感を綴ったコラムです。

コラム一覧

話題の海老名

IMG_1091

最近、何故か海老名が話題です。

来月、乗り換えなしに渋谷まで行けるようになります*

近々相鉄の駅舎も新しくなるようです(詳細はこのサイトのニュースの欄に書きました)。

9月から駅前で何度かドラマの撮影がありました(私は、昨日ビナウォークで目撃しました)*

ラグビーのロシア選手のキャンプ地でした*

その他にも、色々、話題があるようです。

映画館やショッピングも充実しているので、是非、海老名に遊びに来てください。

*写真は市役所前にあるリーチ・マイケル(多分)のかかし

2019年10月31日

ロマンスカー

train_romancecar_vse

裁判所がそこにあったり、私が理事をしている団体(JASTJ)の事務所があるので、霞が関周辺で夕食を食べることが月に何度かあります。帰りが遅くなると、以前は、電車を乗り継いだりして、小田急線を使うにしても相鉄線を使うにしても、海老名に戻るのは大変でした。しかし、ロマンスカーが出来てから、霞が関発・海老名着が結構あり、直前でも切符を買えたりするので、とても助かっています。

2019年09月13日

みなとみらいの企業群

IMG_0886

みなとみらいに、新しく様々な建物が建っていますね。来年春にはぴあがアリーナを開設するようですし。

今年の事務所の暑気払いでは、食事をした後、みなとみらい線の新高島駅近くにできた「資生堂」のS/PARKを見学に行きました。

巨大スクリーン、お化粧のミュージアムやカフェなどがあって、みなとみらいの新名所になりそうな感じでした。

写真でぶら下がっているのは、資生堂のSのマークでしょうね。

子どもが大きくなったので縁がなくなりましたが、ポケモンセンターがスカイビルに移転しているのもその日に知りました。

2019年08月04日

【ネタばれ】法廷ドラマで見る弁護士実務#4

saiban_small_no_gavel4

日本版Good wifeは途中から日本オリジナルストーリーになった感じですが、この辺りから、日米のドラマ作りの違いが明確になって、興味深いです。

日本の方が善悪の違いが明確で、無謬性を好むんだろうな、という点がありました。

今のままだとシーズン2へは展開できなさそうなので、ちょっと勿体ない気がします。

2019年03月04日

【ネタばれ】法廷ドラマで見る弁護士実務#3

saiban_small_no_gavel3

#Goodwifeの日米版を比較すると、主人公の家の様子から、どの程度の質素さないし豪華さがあると視聴者はその主人公を信頼するかという点が分かります。蓮見弁護士がアリシアのような家に住んでいたら、日本の視聴者の信頼を得られないと考えて、ああいう設定になっているのかもしれません。

日米の違いとして、例えば米国では、裁判官が法廷でコーヒーを飲むとか(最高裁判所で見ました)、家事事件の成功報酬が禁止されているとか、民事調停はホテルで行うとか、家事調停では弁護士の代理が禁じられている州もあるとか、様々です(うち、いくつかは#Goodwifeで見ることができます)。過失相殺の考え方も、州により大きく異なります。

米国は民事法も州によって異なるので、法律家の発想が相対的になりがちです。このルールが絶対という確信は余程根源的なルールにしか持てません。一方、日本はガラパゴスというか、底流する多くのルールが画一的です。なので、特に実務家は、自分の慣れ親しんでいる実務を、どうしてもアプリオリに考えてしまうため、法廷でコーヒーを飲むのは非常識とか、どんな事件でも成功報酬が当たり前とか、家事調停でも弁護士代理人は当然とか、実務に対する懐疑というか疑問が生じづらくなっています(今までICTが普及しなかったのも、疑問を抱くという本来根本的なはずの人間の精神作用が働きづらかったためかもしれません)。しかし、度が過ぎると、法曹国粋主義になってしまうので、比較法的な考え方は大切だと思います(実体法だけでなく、実務のあり方についても)。

2019年02月03日
» 続きを読む